【秋田で投げ釣り・ぶっこみ釣り アオイソメの選び方】

投げ釣り・ぶっこみ釣りでアオイソメは必須のエサです。価格の安さ、入手のしやすさ、遠投できるなど、エサとして万能性が高く、必須のエサと言えます。

そんなアオイソメですが、みなさんは購入するときにどんなところに気を付けていますか? もしかすれば何も気にしていない人も多いかと思いますが、私なりの選び方を紹介したいと思います。

f:id:ak2r10mo:20190331235435j:plain

 

 ー目次ー

 まずは鮮度!

当然ですが鮮度は大事です。鮮度が悪いと次のようになります。

1.千切れやすい(重要)

これは投げる釣りにおいてとても重要なことです。なぜなら、千切れやすいと投げた瞬間に取れる可能性が高くなり、水中でエサが付いていない状態で釣りをしていることになりかねないからです。

 2.動きが悪い

鮮度が悪いと動きも悪いです。イソメは動きで魚をおびき寄せるとも言われていますので動かないより動く方がアピールできて良いかと思います。

太さ

ここは気にする人と気にしない人がいるかと思いますが、私は重要視しています。理由は次のとおりです。

1.細いと自切された時に針に付け辛い

千切れるとは別の話です。イソメは自ら体を切り離します。細い個体に自切されると非常に付け辛いです。自切されないにしても、太いほうが針に付けやすいです。

2.太いと弱りにくい

細いイソメに比べ太いイソメのほうが弱りにくいように思います。あくまで主観ですが。また、太い方が動いた時のアピール性が高いように感じます。

どこでどういうイソメを購入する?

これは住んでる地域や釣りをする場所にもよると思いますが、先ほどお伝えした鮮度と太さ選びを踏まえ、ポイントを何点か紹介します。

1.鮮度は、水中管理>パック管理

大抵の釣具店では水中で管理したイソメを扱っています。ただ冬などのシーズン外ではパック管理のイソメしか扱っていない釣具店もあります。ホームセンターはパックイソメがほとんどです。

f:id:ak2r10mo:20190324224454j:plain

パック管理のアオイソメ

 2.品質管理の良い店で買おう

これについては、一度その店で買ってみないとわかりませんが、稀に鮮度が悪い店があります。品質管理の悪い店で買うと鮮度が悪いイソメを買うことになってしまいます。

3.太さは選べる店と選べない店がある ※時期にもよる

私が見てきた感じだと、太いイソメと、普通以下のイソメといった分け方で売られています。また太さを選べない店も多々あります。

4.おすすめの店 ※県北以外

私もすべての店を行ったわけではありませんので、知っている範囲でおすすめを紹介すると、上州屋外旭川店つりショップ本荘! 冬は太さは選べませんが、シーズン時は選べました。また鮮度も良いです! 下記記事を参考までに。

秋田県由利本荘市の釣具屋さん【つりショップ本荘】 - 投げ釣りとカメラと温泉のブログ

 

5.近くに釣具店がなければ通販で購入

近くに釣具店がなかったり、忙しくて買いに行く暇がない場合はネットで購入しましょう。


活エサ SUPER青虫(養殖青イソメ)500円パック(小・中・大)※ノークレーム限定

 

以上簡単ですがイソメの選び方の紹介でしたが、太さについては通常の釣りをする上では、よほど細くない限り問題ないかと思います。しかし、鮮度が良い事は絶対条件ですので気をつけたいところです。